icone

製品情報

流動食の準備における時間の検証 -

C0314-01>

ワンステップパックにより流動食の準備時間が30%削減。

日本で初めて※1のキャップ付きパック『ワンステップパック』。ハサミを使わず簡単に開封できるなど、看護師を対象としたアンケート調査※2では92%の看護師が推奨したいと回答しました。(n=177)今回は、実際に臨床の現場での流動食の準備をもとに、従来品と準備時間についての比較検証を行いました。流動食の開封から注ぎ入れるまでの時間を計測した結果、ワンステップパックは従来品と比較し、30%削減できることがわかりました。

  • 1.200ml流動食として(ネスレ調べ)※2.2019年11月 看護・介護現場での労働環境に関する実態調査(ネスレ調べ)

ワンステップパックを従来品と比較したアンケート結果

『平成30年度「介護人材」に関するアンケート調査の結果について』独立行政法人 福祉医療機構(2019年3月実施)

よくあるご質問

どのように廃棄したらいいの?

従来品と同様に折りたたみできます。キャップはリサイクル可能な素材です。廃棄の際は各自治体の区分に従い、適切に処分してください。

簡単に開封できますか?

中蓋はなく、軽い力で開けられるワンステップ仕様です。

安全性、利便性、医療経済効果の観点からもおすすめします。

株式会社メディカルクリエイト
経営コンサルタント 田中 智恵子 氏

医療介護現場では、組織を活性化させるために業務改善が必要です。そのためには、生産性向上、スタッフのモチベーション向上が重要と考えています。今回、医療介護現場でのワンステップパックの安全性、利便性、医療経済効果を検討しました。現場の声として大きかったのは、安全性と利便性でした。何気なく使っている開封作業に用いるハサミは、実は感染リスクがあり、食の安全上、盲点ともいえます。ハサミを使わずに開封できることは大きなメリットといえます。流動食を選択する際には、①安全性、②利便性、③医療経済効果の3つの視点で検討することをおすすめしています。私たちはつい、価格が安いものに目がいくかもしれません。しかし、価格が安い製品によって、手間がさらにかかったり、安全性に問題があるようでは意味がありません。適切な流動食選択により、残業時間が減り人件費削減に繋がる可能性など、トータルコストから考える医療経済効果が期待できます。ワンステップパックなどの流動食を活用し、組織の活性化をもたらす業務改善を推進していきましょう。

この記事のPDFをダウンロードする